「 レンジファインダー 」一覧

【スナップ写真の撮り方】スナップ写真は「面白い場面」よりも、場面を「面白く」撮る!

【スナップ写真の撮り方】スナップ写真は「面白い場面」よりも、場面を「面白く」撮る!

今回は「スナップ写真」を取り上げます。もっとも身近な撮影ジャンルであるスナップ写真は、あまりにも身近すぎるために、その「普通さ」からどう脱却するかがポイントです。「凡庸な」写真から、「写真で奇跡を起こす」までを、懇切丁寧に解説します。

【単焦点のスナップ撮影】レンズ選びの基準とベストレンズの選出

【単焦点のスナップ撮影】レンズ選びの基準とベストレンズの選出

スナップ撮影に持ち出すレンズ選びは、悩ましくもありますが、楽しい作業です。今回はそんなレンズ選びを合理的に考えてみます。「なんとなく」ではなく、根拠をもって選ぶことがいい写真への第一歩です。個人的オススメレンズもご紹介。

【コシナ製Mマウント50mmレンズの比較】ベストはこれだ!

【コシナ製Mマウント50mmレンズの比較】ベストはこれだ!

庶民の味方、コシナ製Mマウントレンズを使っている人もたくさんいることでしょう。今回はそんなコシナ製レンズの中から、50mmをピックアップしてレビューします。同じ50mmでもこれだけ個性が違うのかとびっくりです。実使用レポートもあり。

ライカM-Aによって、ついにレンジファインダーカメラはゴールに到達した

ライカM-Aによって、ついにレンジファインダーカメラはゴールに到達した

先日、「ライカM-D(Type 262)が究極のデジカメである理由」という記事をアップしましたが、これのアナログ(フィルム)版に「ライカM-A」という機種があります。これはM型ライカの終着点と言えるカメラなのですが、今回はこのカメラに到る道のりと、このカメラの終着点ぶりをご紹介したいと思います。

アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真は「決定的瞬間」にあらず

アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真は「決定的瞬間」にあらず

20世紀が生んだ最も偉大な写真家の一人、アンリ・カルティエ=ブレッソン。彼の写真は「決定的瞬間」というフレーズとともに記憶されていることでしょう。今回は彼の写真の醍醐味を、「決定的瞬間」の意味をからめつつ読み解いていきましょう。

ライカM-D(Type 262)が究極のデジカメである理由

ライカM-D(Type 262)が究極のデジカメである理由

ライカカメラAG(本社:ドイツ ウェッツラー)から、背面液晶のないデジカメ、ライカ M-D(Type 262)が発表されました。 背面液晶がないどころか、付属する機能は、カメラとしての必要最低限の機能のみです。 ちょっと普通じゃ考えられないようなそのカメラの意味について考えてみましょう。