写真家 | 写真のネタ帳

写真家一覧

「いい写真」の撮り方

今回はいい写真の「撮り方編」です。「見るいい写真」と「撮るいい写真」は全然違います。その違いを明らかにしながら、いい写真を撮る仕組みを解明していきます。いい写真は意外と結構、誰にでも撮れますよ。

これがニッポンの、そして世界の写真家たちだ!【写真家列伝 記事5選】

好評のまとめ企画、今回は「写真家列伝」です。写真は写真家が撮るものであり、そういう意味で写真家の個性そのものです。写真家を理解することは写真を理解することです。あなたの写真においても、最も大きな要素となるのは、テクニックでも知識でもなく、あなたの個性です。

【写真の見方】写真の「見方」がわかれば、写真の「撮り方」もわかる!

「写真の見方がわからない」。初心者に限らず長年やっている人でも、写真の「見方」がわからないという人は多いものです。実際写真は誰にでも「見れる」ものですし、誰にでも理解できるものです。そのための手順を一から解説します。

ヴィヴィアン・マイヤーに学ぶ、「いい写真」と「作品」の違い

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」という映画も公開されましたが、ヴィヴィアン・マイヤーという写真家は、実に興味深い写真家です。なにしろ本来「写真家」ではなく、写真家に「させられてしまった」人です。今回はそんな異例だらけの写真家ヴィヴィアン・マイヤーの異例っぷりと、その本当のスゴさを紹介します。

アートと呼ばれる写真と、そうでない写真は一体何が違うのか?

世の中には「アート」と呼ばれる写真があり、自分でも撮れそうな写真に1億2億の値が付いたりします。「一体何が違うんだ!」そう叫びたくなる皆さんのために今回は、「アート写真」のそのカラクリを解説しました。これを読んだ上でなお、撮れるか撮れないかをご検討ください。