50mm単焦点レンズの使い方

シェアする

標準レンズ

50mmレンズは、「標準レンズ」と呼ばれるくらい、写真ではもっとも基本的なレンズです。

望遠でも広角でもない画角は、特徴を出しづらくもありますが、だからこそいろいろな使い方ができるのです。

50mmを使いこなすことができれば、写真に対する理解が深まり、より写真が上達すること請け合いです。

今回は、ズームを使っているだけでは知ることのできない、単焦点50mmの奥深い魅力をご紹介します。

単焦点全般はコチラ:【一眼レフのレンズ選び】単焦点レンズのメリットと使い方

スポンサーリンク

50mmレンズの特徴

50mmという画角は人間の視界の見え方に最も近いと言われています。また、遠近感のつき方が最も自然とも言われています。

遠近感のつき方とは、画面の手前と奥の見え方の差です。

ある場面を同じ大きさになるようにフレーミングする場合、広角であるほど、手前にあるものがより大きく、奥にあるものがより小さく写ります。そして、望遠であるほど手前と奥の差が小さくなります。(圧縮効果と言われます)

つまり50mmの特徴を一言で言うと「自然」です。特徴がないのが特徴とも言えます。

逆にいうと、だからこそいろいろな撮り方が可能、ということです。

50mmレンズの使い方

それでは50mmレンズの使い方を詳しく見ていきましょう。

フレーミング

基本的に単焦点レンズ全般に言えることですが、50mmレンズもズームがない分、写真に写る範囲の調整は足で行います。

つまり、自分が動いて調整するのです。

大きく写したければ被写体に近づいて、小さく写したければ離れるのです。

ズームだと、自分の立ち位置はそのままで、ズームで調整してしまうことが多いと思いますが、それだと、画角に対する感覚が養われません。

自分が今何mmで撮っているかに無頓着になってしまうのです。

「何mmで撮る」ということを自分の意思で選択することは、写真撮影においてはとても大事なことなのです。

なぜなら、写真撮影とはすなわち、「露出」「フレーミング」「カメラポジション」「画角」などの各要素をコントロールすることだからです。

「何mmで撮る」を放棄することは、そのコントロール要素の一つを放棄することです。

なので、正しいズームの使い方は、まず、焦点距離を決めてズームリングをその位置にセットし、その後に自分が動いてフレーミングを調整するのです。

まあ、実際ズームは便利なので、そんなことする人はあまりいないと思いますが。(苦笑)

広角的にも望遠的にも撮れる

50mmはそのどっちつかずの特徴から、引いて広角的に、寄って望遠的に使うことができます。その場合、やはり自分の足で動く必要があります。

そして、その移動距離は、思っていたより長いはずです。

望遠的に撮る時は、被写体までの距離は何十センチの世界、広角的に撮る時は何十メートルの世界です。

50mmを使うと、写真って意外とフィジカルな行為なんだなと実感できると思います。

まさに「身体で撮る」です。

ちなみに、露出なんかも、オートに頼らず、自分の目と感覚で光線状況が読めれば、なおそのフィジカル感は高まります。

実際、「コントロールする」ということは、身体に近いほうがコントロールしやすいのです。自分の手足を動かすという感覚に近くなりますから。

そんな意味でも50mmを使うということは、写真を身体で理解することにつながります。

絞りのコントロール

そもそも50mm単焦点というものは、その明るさがウリのひとつです。

明るさというのは、開放F値の小ささです。(F1.4とかF1.8)

その小さいF値を積極的に利用するのが、正しい50mmの使い方です。なにしろズームには無い利点のひとつですから。

絞りとピント

まず基本的に、望遠的に使う場合に絞りを開けると、よりボケが大きくなり、より望遠チックな写りになります。

50mmを望遠的に使うということはすなわち、被写体に近寄るということなので、まずその時点でピントが合ってない背景などのボケは大きくなります。

その上に絞りを開けると、よりボケが大きくなり、より望遠的な写りになるというわけです。

さてここで、ピントが合ってない部分のボケの大きさを決める3要素をおさらいしておきましょう。

ボケ大 ボケ小
レンズの焦点距離 長い(望遠) 短い(広角)
ピントを合わせる位置 近い 遠い
絞り値(F値) 小さい 大きい

レンズの焦点距離が長く(=望遠)なるほど、ボケが大きくなります。すなわち、ボケの大きさは望遠レンズの特徴なのです。

50mmで撮影する場合、被写体に近づいてピントを合わせる位置を近くし、なおかつ絞りを開けることによって、そのボケをさらに大きくすることができます。

結果的に望遠チックな写りになるというわけです。

また逆に、広角的に使う場合には、ピント位置を遠くし、絞りを絞ると、よりピントの合う範囲が広くなり、より広角チックな写りになります。

暗い状況でも雰囲気を生かした撮影が可能

たとえば開放F値がF1.4だと、「F2.8、1/15」の状況が、「F1.4、1/60」の状況に早変わりします。

それはすなわち、手持ちでもブレなく撮れる可能性が大きくなるということです。

暗いシチュエーションでも、ストロボなしで雰囲気を生かした撮影が可能ということです。

そして、良い雰囲気のシチュエーションって、夕暮れ時や、薄暗い路地裏など、意外と暗めのシチュエーションが多かったりします。

そんな状況で絞りを開けて撮るので、よりボケの大きい写真になり、さらに雰囲気が増長されるという仕組みです。

50mmは万能選手

さて、以上見てきましたように、50mm単焦点レンズは、実際なかなかの万能選手です。

特徴がないので、その特徴を出すことは撮り手にゆだねられています。

50mmを自由自在に撮りこなすことができれば、かなりの上級者と言えるでしょう。

実際、20世紀を代表する写真家の一人、アンリ・カルティエ=ブレッソンはその撮影のほとんどを50mm1本で行っています。

50mm1本と身体を使って撮る撮り方は、きっとあなたに新しい写真の世界をもたらしてくれることでしょう。