歴史に学ぶ【いいポートレートって何?】

シェアする

マリー・アントワネット

「ポートレート」というのは、写真撮影において、もっともメジャーなジャンルのひとつです。

人をいかにカッコよく、キレイに撮るかは、やっぱり人々の興味を最も引くところです。

今回はそんなポートレートの意味を、肖像画の時代にまでさかのぼって考察してみましょう。

人間の美しさへの欲求と、それに応える技術者とのせめぎ合いによって発達してきたポートレートは、現代にどのような流れでつながっているのか。

古きを知ることによって、逆に新しい視点を手に入れることができます。

歴史を振り返って、改めて「ポートレートとは何か」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

肖像画の時代

自分の姿かたちを、なるべく美しく残しておきたいということは、人間だれしも思うものです。

そんな欲求を叶えるべく、写真が無い時代は絵師が活躍しました。

マリー・アントワネット

当然、絵師を雇えるような身分の人間だけの特権です。

そして、絵師の側も、気に入ってもらわないことには仕事が続かないので、かなり美化して描くことになります。

注文を受けて描く肖像画に不細工な絵がないのは、当然の成り行きであります。

逆に、本人の特徴をとらえつつ、いかに美しく描くかが、絵師の腕の見せ所です。

このマリー・アントワネットの肖像も、何パターンか残っていますが、描かれるたびにころころと別人のように描かれています。

その時々の事情と、絵師の表現のしかたによって、いかに恣意的に描かれているかということでしょう。

大事なのは「リアル」であることより、注文主が満足することと、それによって仕事が続くことでした。

不細工な肖像を残したいと思う人は、まずいないでしょう。

しかし、最終的には「絵」でありますから、どうとでも描くことができます。

絵の時代の肖像は、対象をいかに美化して描くか、ということが重要なことでした。

写真の時代

さて、時代は下って、写真の時代がやってきます。

これによって、比較的だれにでも、自らの肖像を残せる時代がやってきました。

しかし問題は、写真は絵のように美化することができず、リアルな当人そのままの姿であったことです。

自分が思っていたほど自分はカッコよくない、キレイでない、とがっかりする人も多かったようです。

しかしそこは、クライアントあっての商売です。

お客さんに喜んでもらわなければ、商売は繁盛しません。

そこで、光の当て方、ポーズのとり方などによって、「いかに美しく見せるか」が研究されました。

こちらは、大正から昭和初期にかけて活躍した、森川愛三という写真師による写真です。

宮家や上流階級に多くの顧客を持つ、当時は売れっ子のカメラマンでした。

森川愛三

「森川愛三写真集」より

さて、真っ先に気付くこと、それは顔が真っ黒です。

今の感覚からしたら、女性の顔はむしろ、真っ白に飛ばすものですが、真逆です。

これは、【名作から学ぶ】モノクロ写真の魅力と撮り方のコツでも紹介しましたが、隠すことによって、より深みを与えているのです。

バーンと見せてしまえばそれで終わりですが、あえて見せないことによって、何か意味深な、ミステリアスな雰囲気を醸し出しています。

秘すれば花、という日本的な美学が、そこには息づいているようです。

また、その人の顔が思ったほどカッコよくない、キレイじゃないとしても、シャドーに入れてしまえば、ぶっちゃけよくわからなくなります。(この方は美人ですが)

そしてまた、よくわからないからこそ、逆によ~く顔を見てしまう、ということもあります。

見えないからこそ見たくなる、そうやって見る人を引き込むことができるわけですね。

そして、ポージングについては、よくみるとかなり極端な横向きです。

人間の体は、横の方が細いので、そうやってスリムに見せることができます。

被写体をいかに魅力的に見せるかを良く考慮し、採光やポージングをよくコントロールして撮影していることがうかがえます。

そして、より美しく見せるための探求は、ネガに直接手を加える「修整」にまで及びます。

鉛筆で描き足したり、修整刀で削ったりして、実際の本人を描き替えてしまうわけです。

そのあたりの発想は、絵画の時代と同じですね。

リアルであることよりも「美化」のほうが重要なわけです。

お見合いの写真がかなり修整されていて、当人に会ってガッカリ、というのは良く聞く話でしょう。

今でこそデジタル技術の発達で、修整は誰にでも簡単に行えますが、昔はルーペでネガを覗き込みながらの細かい作業で、かなりの技術が要求されました。

まさに職人技です。

昔は、この「修整」の技術の良し悪しで、店の評判が決まったと言われるほどです。

逆に言えばそれほど、お客さんの「よりキレイにして欲しい」という欲求は大きかったのでしょう。

現代のポートレート

さて、現在では写真は誰もが撮る当たり前の行為です。

もはや、専門職だけの特殊な技能ではありません。

自分や家族の写真を残すにしても、わざわざ写真屋さんで撮る必要もなくなりました。

手持ちのスマホでも簡単に撮れてしまいます。

そして、デジタル技術の発達により、別人のようにその人を変えてしまうことも簡単です。

もはやポートレートを取り囲む状況は混沌としています。

人を、美しくカッコよく撮るのがポートレートではありますが、スマホでのチョットしたスナップから、フォトショップを使ったバリバリに編集した写真まで、もはや何でもアリの状況です。

あらためてポートレートとは

さて、ポートレートの過去から現在までの流れを見てきましたが、ここで改めて「ポートレート」なるものを考えてみましょう。

そもそもそれは、自らの肖像を美しく残したという、撮られる側の欲求としてスタートしました。

そして、それに応える人たちも、特殊な技能をもった職人たちでした。

そんな時代のポートレートは、「顧客満足」と密接に結びついていました。

お客さんを満足させるために、照明やポーズに気を使い、ネガに直接手を加えてまで、その願望を実現しようとしました。

それは、撮り手の希望ではなく、被写体の希望です。

つまり、ポートレートというものは、被写体がうれしく思うものです。撮られてうれしいのがポートレートだったわけです。

現在の何でもアリな状況では、つい見過ごされてしまいがちな、この「被写体の気持ち」。

歴史を振り返って言えること、それはただキレイに、ただカッコよくではなく、被写体に喜んでもらえる写真こそが、ポートレートだったということです。

まとめ

ポートレートについては、「オネーチャンをキレイに撮った写真」くらいが、一般的なイメージかもしれません。(実際「ポートレート」で画像検索すると、若い女性の写真がズラズラッと並びます。)

そして現在では、ポートレートはいくらでも加工できますし、別人にすることも、特殊なエフェクトも思いのままです。

そこでは被写体の想いはあまり考慮されていないかのようです。

しかし、歴史を振り返ると、ポートレートには常に撮られる側の想いというものがあり、そこでは常に、被写体の満足度が考慮されてきました。

そうです、ポートレートは、撮られた人が喜ぶかどうか、という視点も見過ごすわけにはいきません。

まあ普通に考えて、人と人とが対峙するわけですから、そこにはお互いに対する配慮が欠かせないのは当然のことです。

ポートレートは一種のコミュニケーションですね。

そういう意味では、撮り手と撮られ手の幸せな関係から生まれる写真こそが、本当にいいポートレートと呼べるのではないでしょうか。

撮り手として撮る場合には、ただキレイにだけでなく、撮られた人に喜んでもらえるように配慮することも、ひとつ大事なコトですね。