写真の本質から考える「カメラ選び」で重要なたった1つのポイント

シェアする

カメラ選び

写真における悩みのひとつに、「カメラ選び」があるのではないでしょうか。

世の中には星の数ほどのカメラが出回っており、その機能や性能も一長一短です。

なおかつネットや口コミでは、アレがいい、コレがいいと、情報も洪水のようにあふれています。

右も左もわからない初心者だと、特に混乱も激しいのではないでしょうか。

しかし思い出してください。

我々がやりたいのは「写真」であって「カメラ選び」ではありません。

カメラ店の店員になるのであれば、カメラ選びを極めるのもまあ悪くないでしょう。

しかし我々が極めたいのは「写真」であって、カメラ選びではありません。

ですからカメラ選びは、もっともツボとなる1点を押さえて、簡単にサッサと済ませてしまうのも得策です。

アレコレ悩んで夜も眠れない、仕事も手につかないという「カメラ選び沼」にハマってしまったみなさんは、まずは今回の記事でスッポリと抜け出しましょう。

スポンサーリンク

写真とカメラの関係

さて。

みなさん「カメラ」にはこだわりますよね。

キヤノンが一番、いやいやニコンだ。

一眼だ、いやいやミラーレスだ。

画質がどうの、レンズがどうの…。

でも、それと同じ程度見るにこだわっている人はいますか。

光が、色が、バランスが。

上から、いやいや下からだろ。

前ボケ?いやいや後ボケが…。

「見る」ということに関して、カメラや機材と同程度にこだわりをもっている人が、どれくらいいますでしょうか。

ちなみにものを見るのに、カメラや機材は必要ありません。

目ん玉があれば見れます。

「見る」と「カメラ」は全く切り離して考えることができます。

そして写真というものは、カメラを構えてシャッターを切る前に、まず「見る」わけですが、写真は実際「見る」の時点で9割終わっています。

カメラで撮る行為は、その「終わったもの」を刈り取るだけです。

カメラが絵柄を考えるわけではありません。

あなたがすで脳内で撮り終わった写真を、カメラは刈り取るだけです。

そのことを知るために、以下の実験をしてみましょう。

  1. カメラの電源を入れて、床の上に置きます。
  2. しばらく眺めてみます。

ひとりでに歩き出して、「あ、いい絵柄発見!」とかいって勝手にシャッターを切りましたか?

切らないですよね。

それはつまり、カメラは勝手に写真を撮らない、ということを意味しています。

写真を撮るのはあなたです。

カメラは、あなたが撮ったその写真を記録するだけです。レコーダーです。

つまりカメラは、撮り手が指示をしないと、なんにもしません。

そして、撮り手の指示は何をもとに行われるのかというと、撮り手がすでに、心の中で撮った写真をもとにです。

撮り手が決めた場面、構図、被写体、アングル、露出、ピント、タイミング、などを、カメラはただ言われた通りに記録するだけです。

「写真」ってのはつまり、そういう仕組みです。

写真の本質からみた「あるべきカメラ」とは

では、そのような仕組みである写真において、カメラに求められる機能はなんでしょうか?

それは、脳内で撮った写真が、画像として定着できること。

平たく言えば写真が撮れるということです。

カメラは、写真が撮れさえすれば、まずは万々歳です。

本質から言って、カメラは写真が撮れさえすれば、その役割を9割果たしたと言えます。

カメラの形式、画素数、色調、AEのモード、AFの方式、その他の便利かつ複雑な機能…。

それらの「撮る」以外の要素の割合は、カメラというものが本来果たすべき機能からみたら1割程度です。

我々が日々こだわって、ネットや雑誌で喧々諤々の議論を戦わせる、最新機能やこまかい性能の数々。

新機種が出たぞ!新機能搭載だぞ!すごいぞ!わぁわぁ!

「写真」において、もっとも盛り上がるそれらの話題は「写真全体」から見ると実は、

  • 「写真」の1割を占めるのが「カメラ」
  • その「カメラ」の1割を占めるのが「各種機能」

=1/10の1/10。

つまり、写真全体の 1/100 です。

マジか。

おどろいた。

写真において「もっとも盛り上がる話題」とも言える「カメラの機能・性能」は、写真全体から見たら1/100。

あなたが日々夢でうなされ、仕事も上の空になるその「機能・性能の比較検討=カメラ選び」という悩みは、実は写真全体においては1/100です。

あらためて。

悩むほどのことですか?

カメラ選びにおける最大のポイント

カメラ選びは、タコでもイカでもなく「カメラ」を選んだ時点で、もうほとんど 大成功 なのです。

あとの細かいことは「誤差」にすぎません。

つまりカメラは、好きなカメラ、使いたいカメラで全然問題ない、ということです。

カメラ選びにおける最重要ポイント。

それは写真が撮れるかどうかです。

笑えるくらい簡単です。(笑)

チョットチョット、あなたが買おうとしているカメラ、それは「写真が撮れるカメラ」ですか?

そこだけはよく注意してくださいね。(笑)

その他の、ネットや雑誌が言っている、細かい機能や細かい性能は考慮してもいいし、しなくてもいいです。

なにしろ写真に与える影響は1/100です。お好きにどうぞ。

そんな小さな部分が大きな意味を持つのは、プロとか特殊な撮影をする人くらいです。

我々一般庶民がフツーに趣味の撮影で使う時にどーしても必要になる機能なんて、ほとんど 無いと言っていいでしょう。

「写真の傑作」と「カメラの機能」の関係

写真のマスターピースは、撮られた年代に関係なく存在します。

50年代、60年代、70年代、80年代、90年代…。

どんな時代にも傑作は存在します。

でもカメラは、昔ほど低機能で新しいほど高機能です。

新しいカメラ、新しい機能が絶対有利なら、新しいカメラが出るたびに、過去の名作はどんどん駆逐されていくはずです。

でも現実がそうじゃないのはつまり、「傑作」と「カメラの機能」は、ほぼ無関係ということを意味しています。

「カメラの機能」が「写真」に与える影響は1/100とは、つまりそういうことです。

写真はその誕生以来、技術面を除いてはなにも変わっていない。そして私には技術的なことは重要ではない。

と、写真界のゴッドファーザー、アンリ・カルティエ=ブレッソンも言っています。

それはつまり、「カメラの機能」といった技術的なことは、彼が大事にしているものとは無関係である、と言っているわけです。

「写真」と「カメラの機能」と「見ること」の関係

いま一度、「写真」と「カメラの機能」と「見ること」の関係を。

「写真」において、「カメラの機能」を検討することは、写真における1/100の要素を検討することです。

そして、たとえば「被写体が美しく見える角度」を検討することは、写真における9/10の要素を検討することです。

「1%」と「90%」

あらためてこれが、「カメラの機能」と「見ること」の差です。

まとめ

えー、今回は若干ネタ的な要素もありますね。

まあリアルにはそんな単純な話でもないでしょう。

でも言いたいことはわかっていただけたかと思います。(笑)

我々はえてして、本質じゃない部分に目を奪われがちです。

それはなぜかというと、本質は目につきにくく、枝葉は目につきやすいからです。

根っこは土に隠れていて見えませんが、色鮮やかな葉っぱや花は、よく目につきます。

目に見え、数値化できるガジェットはネタになりやすく、目に見えない写真の本質はネタにはなりません。

まあガジェットネタにぶるんぶるん振り回されるのも、それはそれで面白いことです。

でも、忘れがちな本質に立ち返ると、いとも簡単に必要なことがスッと見えてくることがあります。

カメラは写真が撮れればいい。

それはカメラなるものの「本質」といっていいでしょう。

よく考えてみたら、カメラにとって外してはいけない本質はそこだけです。

あとは枝葉末節です。

そこさえ押さえておけば、むしろカメラは、使うことが苦にならないカメラ、相性のいいカメラ、好きなカメラ、楽しいカメラでいいのです。

使いもしない機能のためにガマンして、使いにくいカメラ、相性の悪いカメラ、好きになれないカメラ、楽しくないカメラを使う必要はありません。

そもそも思い出しておきたいことは、写真はカメラがなくてもできる、ということです。

見て、考えて、脳内でシャッターを切るまでは、カメラがなくてもできます。

それで満足なら、写真はカメラすらいりません。

カメラは最終的な「記録」の部分を担っているだけです。

将棋の高段者は、将棋盤がなくても「脳内」で将棋が指せますが、同じくカメラがなくても写真はできるわけです。

逆にカメラだけあっても、写真は撮れません。

カメラだけでは写真が撮れないことは、文中の実験でも明らかですね。

写真を撮るのは「人」であって、「カメラ」ではありません。

将棋盤だけあってもプレイヤーがいなければ将棋にならないのと同じです。

写真を撮るのはカメラではなく、あなたです。

つまり、カメラはあなたの延長です。

ですからカメラは、あなたが楽に使えるカメラであれば、それでいいのです。

おっと忘れないでください。

そのカメラ、ちゃんと写真は撮れますか?(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

記事を書いている人
上原京平
本業はカメラマンの記事職人です。
「撮る」「見る」につづく第三の写真の楽しみ方、「考える写真」を当ブログにて展開中。
メッセージを送る
写真の本質から考える「カメラ選び」で重要なたった1つのポイント
この記事をお届けした
写真のネタ帳の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
オススメ記事